コーヒーが出来るまで

コーヒーは様々な工程を経て出来上がります。
1.種 コーヒーの種子は、種まきから発芽まで約1ヶ月かかります。また、結実する大きさの木に育つまでに3年~5年かかります。 コーヒーの木の発芽
2.開花 雨季の後に白い花が咲きます。花は開花直後に受粉して数日で枯れます。 コーヒーの開花
3.結実 コーヒーの果実は、大きさや完熟した見た目がさくらんぼに似ているためコーヒーチェリーと呼ばれます。 コーヒーチェリー
4.収穫 果実の収穫には、手摘みによる収穫と機械による収穫があります。 手摘みコーヒーチェリー
5.果肉除去 果肉を取り除かないナチュラル、果肉を取り除くセミウォッシュ(パルプドナチュラル)とウォッシュがあります。 <a href="http://katayamacoffee.com/wp-content/uploads/coffeecherry3.jpg"><img src="http://katayamacoffee.com/wp-content/uploads/coffeecherry3-150x112.jpg" alt="coffeecherry3" width="150" height="112" class="alignleft size-thumbnail wp-image-824" /> </a>、パーチメント
6.乾燥 乾燥方法には天日乾燥、天日機械併用、機械乾燥があります。 天日乾燥
7.脱穀 ナチュラルは果肉が付いたまま乾燥したドライチェリー、ウォッシュとセミウオッシュはパーチメントを脱穀機にかけて外皮、内果皮を取り除きます。 パーチメント、乾燥後
8.選別 農園の位置や標高、豆の品種や大きさ、異物の混入量などによって等級分類します。 生豆、等級分類後
9.焙煎 焙煎機(熱を加える専用の機械)を使って、生豆に化学変化を起こし独特の香りや風味がある茶色いコーヒー豆に変化させます。焙煎機の構造によって、直火焙煎、半熱風焙煎、熱風焙煎などがあります。 コーヒーの焙煎
10.粉砕 コーヒーミルという専用の機械を使いコーヒー豆を粉砕します。粉砕するとコーヒー豆の表面積が増え酸化が早く進むのですぐに使います。 コーヒーの粉
11.抽出 抽出方法にはドリップ、サイフォン、エスプレッソなどがあります。抽出器具によってコーヒー豆の量とメッシュ(粉の荒さ)が違います。 コーヒーのドリップ
12.コーヒー コーヒーが出来ました。何も入れないブラックはもちろん、ミルクやチョコレートを加えたアレンジコーヒーも多くあります。 コーヒーカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加